asian-413122_1920-400x270-MM-100

にきびが出来ずに永遠にきびでは悩まない肌の持ち主と
にきびで永遠苦しめられる肌の持ち主
一体何が違うの?と思ったことはありませんか。

私はにきびが出来た頃は食生活にも睡眠にも規則正しい生活を続けていましが、
約8年間もう種類を変えてにきびは増え続けにきびに悩み続けました。

とあるコラムに記載されている情報を過去私が経験していた事と照らし合わせて
ご紹介していきます。
ニキビが出来ない人の特徴


ニキビは皮脂腺がある人、つまり人間であれば誰でも出来る可能性があります
ニキビが出来にくい生活習慣や洗顔方法を知らず知らずのうちに実践していると考えられます。

→肌綺麗な子に聞くとオールをして袋麺が好きで毎日食べてることもありました
ニキビが出来やすい場所と出来にくい場所の違いは、皮脂の分泌量が多いかどうか
皮脂の分泌が盛んでない場所でも、過剰なストレスや生活習慣の乱れによりホルモンバランスが崩れ、ニキビが出来てしまうことがあります。
→どっちやねん!とつっこみたくなりましたが。私の肌はTゾーンがずーとテカってるぐらい脂っぽい肌でした。
なのでニキビ用スキンケアに変えてみましが落ち着いたと思ったらにきびは場所を変えてフェイスラインに移動しました。
ニキビを改善するポイント

ニキビが出来ないと周囲から思われている人は、たとえニキビが出来たとしても悪化しにくかったり、早く治癒しやすいと考えらえます。
肌の健康状態が良い人は、肌のターンオーバーが正常に整っているため、ニキビが出来にくく、出来たとしても治癒しやすい傾向にあります。

→あの肌の綺麗な子は免疫力が高かったということね。確かに性格も気が強かったわ。私はニキビが完治するまでに新たなにきびが出来るタイプでしたので本当にnikibi on the faceでした。

ニキビが出来やすかったり肌トラブルが多かったりする人は、肌のターンオーバーが乱れがち。肌のターンオーバーを整えるためには規則正しく睡眠をとるようにしたり、ストレスをためこみにくい生活を送ることが大切です。
→だからしてたって!(笑)

ニキビを気にし過ぎて過剰に洗顔を行うと、肌は皮脂をより多く分泌して水分の蒸発を防ごうと働き、それがかえってニキビを生じさせたり悪化させたりする原因となります。
→私がにきびが肌に繁殖しやすい原因としてにきびができてから初めて洗顔料を使った。
今では考えられないかもしれないですが父親に「にきびができたから買ってほしい」と懇願したら
「クレアラシル」の洗顔料だけ。ネットなしで化粧水で保湿もなし。
周りに相談できる人がいなかったので、この時にきちんとしたスキンケアを行っておけば・・・・
もしかしたら変わっていたかもしれません。

過剰なストレス:中学生~大学生って人生で一番悩み事が多かったり、反抗期と言われる時期でもあるし過剰なストレスは避けれないのではと思ってしまいます。

生活習慣の乱れによりホルモンバランスが崩れ
振り返ると一番生活習慣まともな時期でしたが・・・女性だと生理が始まったり、男性の目が気になる歳なので色々ホルモンバランスは崩れますよね。私の場合父子家庭であまり健康バランスは整っていない食事だったことも原因かもしれません。

参考コラム
シーズラボビューティーコラム