スターラックス1540とは?
目には見えない細かい穴を開け、修復する過程で凸凹を改善させます。従来からあったフラクショナルレーザーの『フラクセル』や『アファーム』と比較すると、深いところまでレーザーが到達する・表面を冷却しながら施術できるので痛みが少なく麻酔なしでも照射できるなどの特徴があります。
私がこのレーザーを受けに行こうと決めた理由はbefore、afterの写真です。
そしてその前にアファームとフラクセルデュアル3を経験しているけど思うような効果が得られなかった。

図1
こんな before afterを見たら誰でも希望持ちませんか?
私の住んでいる場所には残念ながらこの機会を置いているクリニックがなくはるばる
遠方へ通う事にしました。

人気な皮膚科のためか
実際の施術が受けれるのは3ヶ月後でした。
1クール3回となっており
1回目→3ヵ月後
2回目→4ヵ月後
3回目→5ヵ月後と一ヶ月おきに施術の予約を取っていきます。

私は先々の予定を入れるのが好きではないので予約の日にちを決めるのに苦労しました。
本当はその人の肌に効果があるかどうかの確認のため
テスト照射を3回ほど行うみたいですが

すると決めていたしそんな事していたら時間がかかるじゃんと
お金かかってもいいので全顔の予約してくださいと伝えました。
テスト照射だと3,000円ぐらいで全顔だとその10倍です。

そう思うと患者さんのためにお金をどぶに捨てるのをもったいないよと助言してくれる
良心的な皮膚科さんですよね。

そして当日予約していた時間の1時間前に麻酔クリームを塗ってきてくださいと。
私は遠方のため麻酔クリームを塗りラップをしマスクでそれを覆いながら電車を乗るのが
嫌だったので予約時間の1時間前に到着し病院で準備をしました。

初診の時にラップをして待ってる方はレーザーを希望の人たちだったのだと納得。

レーザーまでの流れです。

①1時間前に麻酔クリーム


看護師さんがウェットティッシュ的なもので麻酔クリーームを取り
先生来て早速レーザー照射。

②2往復して終了です。

別部屋に行きアイスマクラのような物でアイシング
(自分で押さえといてねと自分で押さえます)

③赤み、火照りが治まったらお会計をして軟膏をもらう。

痛み強い私にとっては
良くある痛みだよねという感じで耐えれる痛さでした。

赤みも3日ほどで治まりました。

ここで感じたのは美容クリニックと皮膚科の違い。
今までクリニックばかりだったので
クリニックではアイシングも何もかも看護さんがしてくれるのですが
皮膚科は自分で出来る事は自分でしろ、it'smyself!な印象でした。

また私が過去にレーザー経験あると以前に言ったためか
特にお風呂入らないで、アルコール飲まないでなどの説明はありませんでした。

クリニックは人件費もかかってるから少し高いのかな。

当日の写真はこちら
クーリング後ですが少し火照りがある状態です。
図2