drug

私の青春時代は常ににきびと共に過ごしていました。
ほんのたまにできるならいいのですが
治ったと思ったらまた次から次へ、
小さい白にきびも、大きな赤いにきびも次から次へ出てくるのです。
お洒落も、恋愛も、青春時代を心いくまで満喫したかったのですが
あまり積極的になれない学生生活でした。

その時私がとった行動は、原因を調べる事。
インターネットで
【にきび 出なくなる方法】【にきび 治し方】 など
治るためにどうすればいいのか頭を悩ませていました。

どの記事も
規則正しい生活を
ー早寝、早起き
ー油物、甘い物を控える
ー野菜を食べる
ー洗顔はあわ立てて肌に負担をかけないように
ー毎日タオルを変えて清潔に

など既に実践している事ばかりでした。

当時の生活

・肌に悪いことは避ける
・揚げ物食べない
・ゴールデンタイムに睡眠を取るようにする(12:00までに就寝を心がけていました)
・漢方を飲む (病院で処方されたもの)
・極力ファンデーションはつけない
・枕のタオルを毎日変える(現在も健在)

と徹底した生活をしていました。 

友達は夜遅くまでアルバイトしている子や、
オールを頻繁にしている子なども居ましたが
その方達の肌は綺麗で、
本当に何で私だけ?
朝起きてにきびが増えてるだけで憂鬱に。
気分沈み、性格まで暗くなってしまいました。

現在はにきびは生理前や、寝不足や、無茶した時に
現れるぐらい(あの時のかな?と原因が分かるようになりました。)

現在の生活

オールする事がある
・お酒を飲む
・暴飲暴食(ストレス?)
・チョコを食べる(にきびあった時代は本当に避けていた!)
・揚げ物食べる(にきびあった時代は揚げ物の衣を取って食べてた(´Д⊂)) 

とにきびがあった生活よりも無頓着になっている生活見えますが
ストレスフリーな生活を送っています。
全くストレスないかと言えば嘘になりますが。

結論
にきびと生活習慣は関係性は多少あると思います。
一番大きな原因は

1遺伝、体質
2ホルモンバランス
3ストレス
が大きく関係するのではと思います。
(※あくまで私の見解です)

もし今にきびに悩まれていて、学校、職場、外に出たくないと思われているのであれば
出ないことでストレスが抑えれるのであれば出ない方がいいです。

私の場合親がそういった精神的に弱い人を嫌う性格だったので
学校に行きたくないと訴えても断固拒否。
強制的に出ざる終えませんでした。
さらに人にどう見られているのかと気になり
ストレスは半端なかったのですが
気持ちの切替(絶対治る、治る、治る)
と根拠なく唱えて自分自身を勇気づけていました。

毎日憂鬱な生活を送っていた学生時代でしたが
現在は嘘のようににきびが出来なくなりました。
(にきび跡は残りましたが・・・・) 

にきびは治ります。